ダメージ上限とクリティカルのことをふんわり理解する



あんまりよくわかっていないダメージの仕組み


グラブルをやっているのですが、ダメージ上限とか、クリティカルとか、仕組みがいまいちわかっていません。
そもそも上限ってどこなの?とか。

フィーリングでもそれなりにやれるのですが、ある程度はわかっていたほうがいいかなあと思って、検索してみました。
まあ細かい数値は覚えられませんし、わからないものはわからないですけど、何も知らないよりは多少はましになるでしょう。

ダメージ上限一覧



こちらの記事でダメージ上限の一覧が確認できます。
こうして表になっているとわかりやすいですね。

通常攻撃の上限はというと、

44.5万が一般的に言われるダメージ上限となる。

はい、44万くらいと。
最終十天衆の奥義ダメージはかなり高いというのと、反骨と追い撃ちの上限がうそでしょっていうくらい高いこともわかりました。

レスラーとかで無茶苦茶なダメージを出している人は、ここら辺を利用するわけですね。
反骨でTAで追撃入れてツープラトンとかしたら、これはフルチェインよりもダメージ出ますね。
なるほど、マルチで貢献度がダントツになるのも納得です。

クリティカル


クリティカルは、わかってきたようなわかっていないような、そんな感じです。


なるほど、まあ主人公のクリティカルLBはないものとして、キャラのLBは強いと。
クリティカル判定がLBの項目分だけあるというのは強いですね。
全部判定が通れば、全部のダメージが乗ると。
うーん、どう考えても強いです。

武器スキル、方陣・通常技巧は、倍率は50パーセント、で、全部加算して計算すると。
要するに判定は1回なわけですね。
うーん、なるほど、判定が一回と言われると、確定までもっていきたくなりますね。
確定しなくても、期待値は上昇するはずではありますけど。

計算式など


そして計算式。
これはややこしいんですけど、こちらの記事はまだわかりやすかったです。


うーん、要するに反骨、追い撃ち、破壊の導きは無茶苦茶強いと。

で、奥義と通常攻撃を見比べると、TAを出せば奥義に近いダメージになったりもすると。
まあ奥義はチェインバーストというプラスアルファーがありますけど。

で、通常攻撃上限を上げてしまえば、そこにさらにTA、追撃が乗せられるので、奥義ダメージを超えるダメージにもなりうると。
ただ通常攻撃の上限を上げてもダメージがそこまで出せるのかという問題がありますけども。

いままでとにかく奥義を撃ったほうが強い、というイメージでしたが、通常攻撃にも夢があるんですね。
そこら辺を踏まえつつ、編成を強化していきましょう。
参考になりました。
たぶん通常攻撃でそこまで大ダメージを出すのは、そこそこ極まった神石編成の人達だと思いますけども。
関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿