10万枚拾おう!カジノメダル拾い称号って、わりと取得しているひとはいるみたい



毎日やらないと終わらない日課


グラブルって、なんだかんだで毎日やることがあるじゃないですか。
武器のドロップのためにマルチをしたり、アーカルムをやったり、スキル餌を集めたり。

そういう日課と別次元の日課もあります。
たとえばカジノメダル拾いです。

これ、毎日やったとしても無理だろうと思っていたのですが、グラブルも6周年ということで、カジノメダル拾いを卒業した人もそれなりにいるようです。
僕はまだまだなので、これからもメダルを拾わないといけませんね。

メダル拾いって何のこと?


はい、カジノの称号のことです。
カジノの称号って、ちょっとおかしいんじゃないの?というものが多いんですが、中でも正気とは思えない称号が「一念天に通ず」です。
これはカジノのメダル拾いで累計10万枚拾うというものです。

メダル拾いってレフィーエさんのやつ?まあそのうちに10万枚くらいいくんじゃないの?と思うかもしれませんが、違います。
これです。


これで、10万枚を目指すんです。
なかなかハードな称号ですよね……。

去年のうちに取得している人はいたみたい



はい、これは本当にすごいんです。
よく10万枚に到達したなあと思います。

ツイッターでも一念天に通ずを取得したというツイートを、見かけたことがあります。
やっている人はやっているんですね。

ちなみに僕は今このくらいです。


10000枚もいっていません。
気がついたときに、拾いに行っているんですけどね。
それでもこんなものです。

どうやっても近道がない


1日で拾えるメダルが100枚もいかないので、この称号を取得するにはどうしても毎日コツコツやらないといけないんですよ。
100枚だとしても1年欠かさずに拾って35000枚。
実際には100枚どころか50枚もいかなかったりするので、もっと時間がかかると。

初期から毎日拾っていないとなかなか取得できない称号です。
欲しくなったときに、焦ってもどうにもならないので、いまのうちから拾うようにしておきましょう。

それにしても、僕は10000枚いっていなかったんですね。
結構拾っているつもりでいました……。
関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿