正攻法のカジノはダブルアップ



カジノをやり始めたころの記事です。
最近カジノはやってないですね。
一時期は結構やっていたんですけどね。

結局レフィーエを連れまわさなくても、ログインボーナスでなんとかやりくりできるようになっちゃうんです。
交換する商品次第のところはありますけど。
いまだにスーパージャックポットも出したこともないんですよね。

カジノをやっています


このところカジノをやっています。
いつのまにか、メダルが大量に貯まっていたんですよね。
イベント報酬かログインボーナスだと思います。

といっても、アナトは手に入らない程度のメダルです。
ここからどんどん増やしていきたいですね。

一発逆転の配当


ということでカジノをいろいろやってみました。
カジノにはポーカー、スロット、ビンゴの3つのゲームがあります。
その中でも、スロットビンゴにはものすごい配当の当たりがあるんですね。

スロット


まずはスロット。
100ビットスロットのセブン揃いは、スーパージャックポットです。
これが揃うと1000万コインプラスアルファの配当が貰えます。
確率はさておき……配当はまあまあ大きいです。

ビンゴ


ビンゴにはスーパービンゴがあります。
ちょっとややこしいのですが、ビンゴカードには、数字だけではなくて、色もついているんです。
ビンゴのボールと数字だけが同じなら、カードに星型のマークがつきます。
色と数字が同じなら、ダイヤのマークがつきます。

このダイヤのマークだけでビンゴになれば、スーパービンゴです。(フリーパネルを含んでも大丈夫です)

スーパービンゴの配当は700倍ちょいですね。
大きく賭ければものすごい配当になってきます。

実際にやってみると



一番安定するのは明らかにポーカーですね。
ダブルアップでちゃんと選んでいれば、コインは増えていきます。
そんなに大きく増えたりはしないですが安定しています。
ジャックポットやスーパービンゴのような極端に配当な大きな当たりがない分安定感がありますね。

スロットは、まあまあ安定してコインが減ります。
やってみると、そんなには減らないという印象です。
3万枚ちょい吸い込んで3万枚出てくるみたいな感じでじわじわコインが減ります。

意外とバー揃いやスイカ揃いが出るんですよ。
マックスで賭けてもも一回300コインなのもいいですね。
ジャックポットが出るまで粘ればプラスになるんだろうと思います。
まあ出ればの話ですよ……。

ビンゴは着実にコインが減ります。
最大10万コイン賭けられるので、減り方もものすごく速いです。
ただ、スーパービンゴが当たればもちろん増えます。

まだ当たったことはないですが、そこそこの確率で当たりそうな感じではありますよね。
ジャックポットよりは、確率が高いはずです。
当たるまで粘れるだけのコインを持っているなら、ビンゴは良さそうです。

そういうわけで、いまはポーカーを中心にやっています。
やってみるとびっくりするくらい安定して増えるので、ポーカーはオススメです。
スーパービンゴかジャックポットを当ててみたいですが、まずはコインを十分に増やすところからですね。

メダル拾いキャラ


土レフィーエはバトル終了時に、稀にメダルを拾ってきてくれるそうです。
えー、これはいいですね。
手に入ったら使ってみたいです。


ダブルアップ10回を目指して

四象降臨の合間に、カジノをしています。
ポーカーのダブルアップを10回成功させようとしています。

いままで5回くらいでドロップアウトしてたんですよね。
コインを稼ぐなら最後までやるほうがいいのですが、どうしても途中で降りてしまいます。
一度上限までダブルアップしてみようということでやってみました。

しかし上限の10回はキツイですね。
最後のダブルアップに挑戦するところまで3回いけたのですが、そこで失敗してしまいます。

これはちょっとがっくりきます。
100コインポーカーで挑戦しているので、まだまだ試行回数は増やせます。
いつか成功する……はずです。

謎の規則性


ダブルアップをしていて思うのですが、なんか規則性がある気がします。
最後のダブルアップで表向きになっているカードは3回とも7でした。

ここにきて真ん中かあ、と思ったので、7だったのは間違いないです。
たまたまなのか、必ず7になるのかはわかりませんが……。 (たまたまだったみたいです)

あと、開いたカードが同じ数字でDRAWになったあと、次の挑戦で失敗する率が高いです。
これってなぜか失敗しますよね? カジノあるあるでした。

ダブルアップ天井到達


ということで、一度ダブルアップの上限に挑戦してみようと思ってひたすらカジノのポーカーをやっていたのですが、ようやく成功しました。

100コインポーカーでしたが、成功するまでに10000枚くらい使いました。
まあ、もとは取れましたが。

ダブルアップ時は、8を中心にそれ以上かそれ以下かで、枚数が多い方をひたすら選択していました。
確率通りにしていたわけです。
8のときは気分ですね。
これ以外に方法はないですよね。

一応、すでに出たカードをカウントするのもありなのかな、と思いましたが、カウントしても、終盤でもせいぜい10枚くらいしか変化は無いですよね。

うーん、52枚のうち10枚と考えると大きいかな……?
そもそもカウントが効くのかどうか……。
52枚とは限らないですし。
なんとなくの体感ですが、カウンティングは効くっぽいですが……。

ダブルアップについて検索する

ほかにいい方法はあるのかな、と検索してみました。
やっぱり枚数を考えて、確率の高い方を選ぶしかないですよね。
カウンティングについて書かれた記事は見つかりませんでした。

成功率が操作されているのか実際に統計を取った記事も見かけました。

グラブル・ポーカーは絞られているか検証

結局理論値通りのようです。
1,2は除いて、成功率は60~90%くらいのようですね。
まあそんなものでしょう。
しかしこの確率で10連続を成功させるのは、考えてみるとキツイですよね。

その後は上限を狙わずに

まとまったコインが手に入ったので、その後は無理に上限を狙わず、ある程度の枚数になって、8とか微妙な数字になったらやめるようにしています。

期待値から考えると上限までやる以外の選択肢はないのですが、1000コインポーカーをやっていて、負け続けるとキツイですし、精神的にも良くないですからね。
適当なところでやめています。

期待値通りに収束するだけの試行回数を稼げるのかというのもちょっと疑問ですし。
うーん、まあそんな言い訳をしつつ途中で降りるというチキン戦法でやっていますが、エリクシールハーフとソウルシード分を稼ぎつつ、アナト3体分くらいのコインは貯まりました。
元手を残したいので、アナト10体分くらいになったら交換してみます。

カジノで交換しておきたいオススメの景品

こちらを見ると、マグナアニマも大事なんですね。 将来大量に使うようになるのでしょうか。
アニマも余裕があるときは交換しておきます。

ここからさらに効率化するには

ダブルアップを途中でやめる時点で効率も何もないですが、一応考えるとしたらホールドの仕方でしょうね。
デジタルな選び方というか、成立役に必要なカードと配当を踏まえて残すカードを最適に選ぶ方法が、特にフラッシュとかストレート関連でありそうですけど、結局ダブルアップを2,3回成功させたら同じなんですよね。

フルハウス以上の役の配当がかなり高くなっていますし、これもワンペア優先が一番効率が良くなりそうです。
ただロイヤルストレートフラッシュチャンスのときは、2枚でも、ロイヤルストレートフラッシュ狙いのホールドにしています。
一度揃えてみたいんですよね。

ということでやっていたらロイヤルストレートフラッシュが揃いました。
案外簡単に揃うものですね。
これでコインに余裕ができました。

といっても、ダブルアップは1回しかしませんでした。
チキンなので……。

ちなみに1000BIT実装時には

こんなこともあったんですね。

ポーカー更新→メンテ→コイン回収

なるほど、1カードダブルアップの存在意義がよくわからなかったのですが、こういう事情だったんですね。
再調整して、もう少し意味のある状態にすればいいのにとも思いますが、難しいんでしょうね。
関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿